リビドーロゼのオスモフェリンパワーでマンネリを打破!

リビドーロゼでマンネリ解消

リビドーロゼの効果がないという噂について

「リビドーロゼなんてあんなの効果無いよ!思い込み思い込み!」なんていう意見もちらほら見かけます。たしかに、人によっては効果を得られないかもしれません。というのも、リビドーロゼを正しく使えているかどうかで、男性を引き寄せる媚薬効果は大きく変わってくるからです。

一般的な香水の香りって、半日以上かけて変化していくものですよね。しかしリビドーロゼはベッド専用香水なので、香りが変化するサイクルが約90分も早め。おそらくは、夜のお楽しみタイムに合わせたサイクルと考えられます。普段使いでいくなら朝から付ければOKです。しかし彼との勝負の日に使いたいのならば、ベッドに入る直前が最もリビドーロゼの真価を発揮させる事ができます。

リビドーロゼはどんな匂いなのか?

さて、いくら媚薬効果のある香水とはいえ、香りが自分好みでないなら使いづらいですよね。ここではリビドーロゼの香りについて説明いたします。

まずは1段階目・トップノートですが、可愛らしい甘めのフルーティベリーの香りが特徴です。付けたばかりでフェロモンの効果も強く、お相手をその気にさせるのにピッタリ。

次に2段階目・ミドルノートです。甘さと柔らかさを兼ね備えたフルーティフローラルの香りに変化します。男女ともに快感を高めてくれる香りです。

最後は3段階目・ベースノートです。さらに優しさを強調したフローラルの香りで、強いリラックス効果を得る事ができます。普段使いで付けるなら、1番目立つ香りになるのではないでしょうか。

リビドーロゼには男性を興奮させる作用がある!

リビドーロゼに含まれている「オスモフェリン」は、男性の本能に働きかけて興奮を引き起こす作用を持つフェロモンです。女性が排卵期を迎えた時に体内で作り出されることで有名で、男性がオスモフェリンを嗅ぐと、その香りがした女性に強く惹かれてしまうといった効果が期待できます。片想いの場合、一度や二度使った程度では効果はそこまで期待できないかもしれません。しかし回数を重ねることで、少しずつお相手の気持ちを惹きつける事は可能です。

倦怠期を夫婦で乗り越える方法としてもアリ!

「オスモフェリン」は、夫婦間のマンネリや倦怠期の打破にも効果が期待できます。

オスモフェリンには男性の恋愛本能に大きく影響する「テストステロン」というホルモンを刺激させる作用があり、男性を無意識のうちにドキドキさせる事が可能です。見た目や性格の好みは人により違うもの。ですがフェロモンパワーで本能にアプローチする事で、男性側の好み関係なく魅了できると言われています。

付き合いの長い夫婦というのは、どうしてもかつてのドキドキ感が薄れてきますし、パートナーに対して家族的な感情を持つようになる事から、性的魅力も感じにくくなってきます。こういう時こそ、リビドーロゼのオスモフェリン効果が大いに役立つんですね。さらにリビドーロゼには「イランイラン」というフレーバーが含まれていて、このイランイランにも男性を惹きつける効果があると言われています。インドネシアでは新婚夫婦のベッドに敷かれる花としても有名です。

マンネリで別れた場合、リビドーロゼが復縁に効く?

最後に、「リビドーロゼは復縁に効くのか?」という議論もよく見かけます。一度うまくいかなかった恋。可能性は低くてもなんとかして復縁したい!と、リビドーロゼの力に頼ろうとしている人もいらっしゃるかと。

リビドーロゼが復縁に効果的かどうかは、「別れた原因が何であったか」によるところが大きいと思います。最もリビドーロゼの恩恵を得られそうなのは、やはり「マンネリや倦怠期ですれ違って別れたパターン」です。

オスモフェリン効果は、付き合いが長くドキドキ感が薄れてしまった相手にも効果的。「どうしてこの子にまだこんなにドキドキするんだろう?もしかして、まだ好きなのかな?」と思わせる事ができたらチャンスです。たとえ恋愛感情が無くなってしまったとはいえ、男性にとって元カノは多少なり特別な存在。

オスモフェリン効果でお相手に新鮮味を与えて、ゼロからもう一度関係を築くくらいのつもりでアプローチしていきましょう!

マンネリと倦怠期にはオスモフェリン。
オスモフェリンにはリビドーロゼ。
ぜひ頭のすみっこに留めておいてくださいね。

リビドーロゼの詳細はこちら

コメント